reversal Tokyo Standout 田町芝浦スタジオ

reversal Tokyo Standout 田町芝浦スタジオの壁画を制作させていただきました。

こちらのジムは黒と赤を基調に、照明や内装など、とてもモダンな内装です。

オープンスタイルの中に絶妙な高低差で分けられたマットスペースとウェイトスペースや
照明器具の使い分け、床材の足に感じる感覚の違いなど
トレーニングにも非常に効果的な予感がして、デザイナーさんのお仕事の素晴らしさを感じました。

まずは丁寧な養生と提案に沿った完成に向けてマスキングテープを駆使して進めていきます。
(店舗壁画の場合、ライブペイントとは異なり静かに進めていきます)

いつもはスケールで細かく測ったりしていたのですが
今回試してみたマスキングテープのスピード感は非常に良いリズムを出せました。

この日はこちらを聴きながら

ステンシルの時間帯は、全体の組み立てを重点的に進めます

ふd

筆の時間帯は最終的な仕上がりまで見つめながら、比較的、感覚的に。

実はこの日は予定外に脚立が現場に無かったため

IVANKOの20kgを三枚重ねて対応しました。

現場ではまず自分の基地を作ること、そして何があっても、その場にあるもので対応すること
学生時代にお世話になった配管工アルバイトでの職人さんと
特攻野郎Aチームから教わった教訓を本日も胸に、逆に高まる気持ちと共に。

そして完成。

発祥の地である代々木上原ジムの壁画の面影を残した上で様々な格闘技の要素を複合させ
最終的にはここでトレーニングをする方々の気持ちを後押しできるようなデザインを心掛けました。

なんと、マットエリアからも壁画が見えます。

ロケハン時、実は地味に一番悩んだのが「どこに左右を合わせるか」なのですが
ジムエリアのウェイト器具のレイアウトは今後変化していくそうなので
左右のレイアウトは普遍性を持たせ、その中で縁起として右肩上がりにまとめました。

ラットプルマシン越しに見えるこの景色。バーベルシャフトとの絡みも嬉しいです。

今回初めてトライした「肖像画のような膝蹴り」
ちょっとキッチュすぎるかな?無理かも?でも採用されたら嬉しいなと思った提案を
「かっこいいですね!」と喜んで承認してくれた

代表の片岡くんと。
ありがとうございました。

内装デザインは「壁画が入って完成」だったそうなので

「映え」用のスポットライトも設置もされています。

と同時に、そこまで考えていただけていたということに大変恐縮です。

ジムを訪れる多くの方々にお楽しみいただけたら幸いです。

制作過程のムービーと完成後とご褒美サンドバッグのムービーはこちらにて(スライドしてください)


rvddw 19aw #03

rvddw 19awのリリース最終WEEK

BLACK SPACE SHIP DOWN JACKET

ここ数年は高機能素材の充実もあったりで
rvddwのヘヴィアウターに関しては手に取りやすい価格帯と
コストパフォーマンスに重きを置いていたんですが
昨年の猛烈な寒さにこれはやっぱりダウンかなと
久々にダウンジャケットを作りました。

久々だったので色々アイデアを詰め込みまくりました。
もう首回りとかすごいし、内側もかなりで素晴らしい仕上がりです。

BLACK SPACE SHIP MONSTER PARKA

ダウンジャケット季節の前タイミングに着るイメージで作った
モンスターパーカー。
最近この着丈が基本的に好きな私です。

URBAN TEAM FLEECE HOODIE

モコモコ、フカフカのフリースをミリタリーでクールにまとめました。
今季はフードを高めにすることが一つのテーマだったのですが
これは特に高めでいろんな表情を楽しめると思います。

BASIC SAUNA SUIT

アスレチックアイテムです。
スタイリッシュなシルエットのこちら、実はサウナスーツなんです。
全然普通に着れるんじゃないかってくらいなんですが
当たり前ですがサウナ効果が物凄いので
そこに関しては全く普通には着れません。

練習よりきついんじゃないかっていう「減量」
少しでも楽しく取り組むお役に立てれればと。

BSS BAGGY JOGGER PANTS

今一番穿きたい形を突き詰めたパンツです。
リラックスなのにすごく綺麗です。

基本的にパンツが決まればスタイリングは8割決まると思う派なので
ワードパンツの気持ちよさとテーパードのクールさのいいとこ取りしたこれは
すごく都合良いのではないかと。

3 COLORS FLEECE_JKT
クラシックな中に新しさを入れたくて
でも古着のような?機能的でありながらrvddwらしさを狙いました。

そしてここからはさりげない防寒アクセサリーを

BIG MARK WARM EARMUFFS

BSS HOOD WARMER

商品に全く関係ないのに忍者の話ばかりを書いてしまいました。

rvddw KNIT & FLEECE CAP

振り返ってみると今季はフリースを使うことが多かったですね。
今までは何かフリース=アウトドア、いかにもスポーツブランドっぽい
そんな印象があり、ど真ん中をrvddwで作っても面白くないのではないか?
と、ひねくれ者の僕は意図的に避けていたのですが
年々厳しくなる冬の寒さにそうも言ってられないなと
機能とデザインを、より考えた今季な気がします。

軽くて暖かい
さりげなく実は機能的
その上で、どこまでグラフィカルな要素を盛り込めるか。

秋冬は素材とのパズルも複雑なので
出来上がった時の感動がより大きい気もします。


THE BACK HORN -tour CARPE DIEM

THE BACK HORN「KYO-MEIワンマンツアー」カルペ・ディエム〜今を掴め〜
メインビジュアル、バックドロップ
マーチのデザインを担当させていただきました。

様々なライティングに表情を変えるモノトーン
強く、しかししなやかに今を掴もうとする
そんなイメージでデザインしました。

マーチはTシャツ、ロンT、キャップ、タオル。
ちょっとスケジュール的に難しいかも?なデザインを提案してしまったのですが
みなさんが盛り上がってくれて、そしてレーベル、工場さんの皆様のお力添えで
素晴らしい仕上がりになりました。

ありがとうございます。


KATSUYA TERADA × rvddw “THE MASTER” @西武池袋

この度、rvddwは寺田克也さんとコラボレーションによる
ブラジリアン柔術パッチとTシャツを発売させていただきます。

詳細はこちら

イメージ動画その1はこちら

イメージ動画その2はこちら

そしてそれは10.30より西武池袋本店にて開催される
寺田器 波佐見焼 展示即売ショー! 2019 – 秋
POP UP SHOPにて先行発売となります

詳しくはこちら

会場の模様動画はこちら

よろしくお願いいたします。


rvddw 19aw #01

もう10月中旬です。
現在、rvddw来春夏の企画で合宿のような状態です。
ですが、秋冬アイテムも続々リリースということで
順にご紹介させていただきます。

詳細説明はリンク先のrvddwブログの方にありますので
是非見ていただけたらと。

僕が書いてますので、たまにあまり関係ないyoutube貼りまくってますが
それもすべてデザイン中の頭の中だったりしますので。

昨年大好評を得ましたハイネック仕様のフーディ
一見バックチョークを仕掛けられているかのような
CHOKE SLEEPER HOODIE 2

レトロフューチャリズムを感じさせる
RETRO FUTURE BIG MARK SWEAT PARKA

90s的アイテムとして再び注目を集めている
rvddw HALF ZIP SWEAT

オールドボディビルシーンにおけるマストアイテムを
「当時」のサイズ感とシンプル性にこだわって再現した
BSS WAIST POUCH

lets get ready to rumble(準備は良いか?)
we are time traveler from(私たちは時空を超えた旅人である)
軽量、高い通気性と速乾性により
抜群の快適さを誇るジャージィショーツ
BSS URBAN TEAM JERSEY SHORTS

暗闇に浮かび上がる
BLACK GLITTER DRY LONG SLEEVE

レーシングジャージのような雰囲気もある
レトロフューチャーグラデーションが魅力的な
ドライ素材のロングスリーブ
RETRO FUTURE DRY LONG SLEEVE

タックルは成功したのか?
続きが気になり思わずクリックしたくなる
CLICK ME CREW NECK SWEAT

IBJJF アジア柔術選手権2019より
柔術大会会場で発売スタートした
柔術の柔
reversalということで反転したワンポイント刺繍
LOW CAP

rvddw定番人気のジョガーパンツ
今季はバイカーパンツ的な切替がプラスされ
JERSEY BIKER PANTS

フロントとバックに編み立てられたロゴ
BSS SOCKS

今季の黒船乗務員ウェアをイメージした
アーバンテイストなマウンテンパーカーは撥水加工
SPACE SHIP URBAN TEAM MOUNTAIN PARKA

モコモコに埋もれたい
一度体験したら病みつきになる着心地
BSS FLEECE CREW NECK


山人音楽祭 2019

昨年はライブペイントで参加させていただきました
群馬出身・在住のロックバンドG-FREAK FACTORYが主宰するロックフェス「山人音楽祭2019

本年はライブペイント、そしてイベントロゴ、マーチャンダイズのデザインを担当させていただきました。

山と人々が交差する場所、それは円となり広がっていくことをイメージしたシンボルマーク。

このような規模のイベントロゴの制作はAIR JAM 2012以来です。

あの時は諸事情で現場に一瞬しか入れなかったことが非常に悔やまれたため
今回はきっちり最初から最後まで感じてこようと思いました。

(photo by SPICE

ステージセットとして、会場の内外の展示・サインとして、記念撮影スポットとして
たくさんのお客さんと一体化したロゴのある風景は本当に感動的でした。

ありがとうございました。

そしてライブペイントは屋外ステージのある妙義エリアにて

上原菜摘、HiroHiguchi、Stinky、BLACK BELT JONES DC、重田英司、中川和寿、MilkyMarsの7人で。
群馬を拠点に活動する皆さんの中に参加させていただきました。

僕はシンボルマークを空に飛ばすイメージで、暗闇の中に飛ばしたかったので
360度を黒で塗りつぶすことから始めました。

途中、後ろの道路を走る一般車が度々渋滞しているのに気づき
そちら側の方にも楽しんでいただけたらと思い、後ろも同時進行で(動画など

 初日のメモリーなど

そして完成。

楽しかった。
お世話になった皆様、ありがとうございました。

二日目の動画や想い出など

G-FREAK FACTORY、ほんとかっこいいな。


KYONO LIVE -The Beginning of Dawn-

9.18発売「KYONO LIVE -The Beginning of Dawn-

デザインとライブ撮影(スチール)を担当させていただきました。

Art Direction & Design & Photography BLACK BELT JONES DC

今回、ライブ撮影は定位置を一カ所に絞り
ひたすら光の当たり方と音に集中して撮る方法を選びました。

静と動を表現したブックレット、映像とともにお楽しみいただけたら幸いです。


rvddw 19aw_bag

BSS CHEST BAG

両手がフリーになり想像以上に使い勝手が良く癖になる系です。
僕は荷物が前にあると安心するタイプなので、それも勝手が良いです。

バックパッチはオーダーメイド黒帯の名入れ刺繍をイメージした
「上乗せステッチラインのバッククロスロゴ」です

COMPETIDOR DRY BAG

ジム帰り、濡れた着替え収納に調子の良い
防水機能のある密閉式のドライバッグは
練習内容によって使い分けれる大小2サイズ展開です。

SUPPLEMENTS CASE

トレーニング前後で入れ分けできるサプリケース
(体のシルエットで使い分ける感じで)


rvddw 19aw_basic & collaboration

rvddw 19aw、リリースがスタートしました

しかしその前にベーシックアイテムのリニューアルもいくつか

よりシンプルにミニマルに。
ベーシックアイテムがいつもベーシックに感じれるように
気付かれないくらいの微調整ですが、しています。

今年はロゴを少し小さく、少し上に。
rvddwはフルネーム列を取りました。

「この味、変わらないね!と言われる老舗の味も
実は時代に沿って微調整されていて
見えない進化、それが老舗の老舗たる所以」
的な以前に聴いたエピソードを意識しています(ほんとの話)

そしてコラボレーションも

アメリカでは100年以上も前から狩猟に使われてきました。
近年ではネイチャー・ゲームのメニューとして森に出かけて
野鳥と会話をする道具等に活用されキャンプブームと合わせ
ブーム再燃の兆しを見せています。

詳しくはこちら

RIVERS x rvddw RIVERS VACUUM FLASK STEM

今季のコラボモデルは通勤から雪山まで何処へでも持ち歩きたくなる
ハイスペック軽量ステンレスボトル「VACUUM FLASK STEM」です。

軽くて保温性も抜群
個人的には重厚感のある独特な手触りも好みであります

詳しくはこちら

そして

MONSTER ROCK × rvddw「MONSTER SOUND」

SWEET LOVE SHOWER 2019にて先行発売のこちら
スピーカー生み出されたモンスターロックが開催地である山中湖から
宇宙にまで鳴り響く、幻想的かつエモーショナルなデザインです。

今年もありがとうございます。

詳しくはこちら